コラム/めざせ達人

毎月発行する新聞「めざせ達人」から掲載しています

めざせ達人

第229回 ハラから

 私にも稽古で怪我をした経験があり、事故発生後は暫くの間、稽古出来ない状況が続いた。厳しい投げをする師範の受けではあったが、投げる瞬間の師範の思いと、受けを取る瞬間の私の思いが、一致しなかった事が原因で事故が発生した。一致しなかった理由は、取りの思いを無視して、受けの形を自分勝手に決めたことにあった。正面打一教のような技でも怪我は起こり得るのだから、よくよく注意しなければならない。怪我をしないために、受身を取る時の心構えとしては、“考えない、流れに逆らわない”こと。

 同じ投げ技でも、人が違えば投げ方も変わるので、投げ方に合ったように受身も変化しなくてはならない。鋭い投げには全身柔軟に対応して素早く、ゆっくりした投げにはゆっくりした動きで受身を取る。このように相手に合わせた、千変万化な受身が出来るようになる必要がある。受身の基本は、“足は居着かず軽快に、上半身は柔軟に、肚で受身を取る”ことであり、これを体得して欲しい。

 身体の前面部分を“腹”、身体の中心部分を“肚(ハラ)”と言い、臍下丹田を表わす場合もある。恩師山口清吾先生の稽古では“ハラから”という説明を聞くことが多かった。山口先生が遺された資料のなかから、肚に関する言葉を拾ってみると、「肚にまとめる、肚で動く、肚で視る、肚で立つ、肚を練る、肚と手を結ぶ(気持ちと三角)、静かに肚を中心にして歩く、肚を中心として手足が一体となって動く、肚と身体が手・足の動きに表れる、眼・手・足・身体も肚からまとめて相手と対する、相手の中心・肚を制する、見の眼より観の眼 心・肚で視る」等がある。

 肚にまとめる、ということは上半身及び下半身を楽な状態にし、肚・丹田の一点に力を集中することだと私は考える。肚を意識した稽古ができるようになっているだろうか、肚と手の平が繋がっているだろうか、身体の向きを変えるとき手・顔ではなく肚から動いているだろうか、自分自身を点検して欲しい。

2024年3月2日 | カテゴリー : めざせ達人 | 投稿者 : koukikai

一覧

2022年5月7日
第207回 心の才能
2022年3月7日
第206回 楽しい稽古
2022年2月6日
第205回 千里の道
2022年1月5日
第204回 硬柔曲直
2021年12月6日
第203回 死中活あり
2021年11月6日
第202回 無言の教え
2021年10月3日
第201回 高齢者
2021年9月7日
第200回 正面打ち一教
2021年7月31日
第199回 身体を使ったコミュニケーション 
2021年7月4日
第198回 目付の事
2021年6月6日
第197回 やる気スイッチ
2021年5月7日
第196回 落ちることを知る