コラム/めざせ達人

毎月発行する新聞「めざせ達人」から掲載しています

めざせ達人

第201回 高齢者

 今回の自動車運転免許更新はいつもと違ったもので、二時間の高齢者講習を受けることになった。十分程度のコースを走る実技もあったが、教官からは良い評価を頂いた。高齢者講習は七十歳から始まるのだが、免許返納の話も聞かされ、あと何年運転できるのかを考えると恐怖を感じる。

 私の父と山口清吾先生が他界した年に近づいて来たことを思うと、毎日のんびり過ごす訳にはいかない気がして、何かしなくては、という気持ちにさせられている。合気道では何が出来るかは分からないが、出来ることを精一杯取り組みたいと考えている。コロナ禍で稽古出来ない日々が続いて来たが、ひとまず、十年後も受け身が取れる身体を維持することを目標としたい。

 十年前は、七十代の身体はどんな風になっているのか、全く想像することができなかった。この数年で徐々に分かるようになり、体力の低下、筋肉の減少や柔軟性の欠如は想定内だが、加齢による手指の関節痛は想定外だった。身体の色々な部位に不要物が蓄積されて来ているように感ずる。日本最高齢のフィットネスインストラクターとして活動する瀧島未香さん(九十歳)は、「年齢はただの数字です。絶対に諦めないで、少しずつでいいからやって欲しい。」と言っている。私も今から、諦めずに、出来なくなったことを取り戻すことから始めたい。

 合気道の稽古を重ねて蓄積されてくるのは、呼吸力であり、この呼吸力とは筋力に頼らない力だと私は理解している。但し、呼吸力を実感すること、筋力で投げたのか、呼吸力なのかを判定することはなかなか難しい。力を抜いて投げることをいつも心掛け、また会員の皆さんに指導もしているが、無駄な力が入っていることに気づき反省する場面もある。

 日常生活の中で呼吸力を活用できるかどうかは分からないが、合気道の最大の魅力は何と言っても呼吸力。容易には手に入らないものだけど、諦めないで続ければ夢は叶うだろう。合気道に免許返納が無いのは有難い、稽古出来ることに感謝!

2021年10月3日 | カテゴリー : めざせ達人 | 投稿者 : koukikai

一覧

2021年10月3日
第201回 高齢者
2021年9月7日
第200回 正面打ち一教
2021年7月31日
第199回 身体を使ったコミュニケーション 
2021年7月4日
第198回 目付の事
2021年6月6日
第197回 やる気スイッチ
2021年5月7日
第196回 落ちることを知る
2021年4月3日
第195回 つまらないことでも
2021年3月6日
第194回 重い
2021年2月6日
第193回 一月二十四日
2021年1月6日
第192回 年頭自警2021
2020年12月5日
第191回 重荷
2020年11月1日
第190回 今と変わった自分になる