コラム/めざせ達人

毎月発行する新聞「めざせ達人」から掲載しています

めざせ達人

第228回 失敗を繰り返さない

 バイクも毎日使用していると、チェーンの伸びとギヤの摩耗でチェーンが外れやすくなってしまう。息子に早くギヤとチェーンの交換をするように伝えて二ヶ月になるのだが、“時間がないから無理”と云う。バイクは動いているので優先順位は低いが、二度目となれば早めに時間を作る必要がある。足りないのは、同じ失敗を繰り返さないという強い覚悟と工夫ではないだろうか。

 習い事をするに於いて必要なことは向上心だ。年齢を問わず、これを持たなければ上達は難しい。稽古に於いても、向上心旺盛な人は指摘されたことを良く記憶しており、欠点をひとつひとつ克服して行くことができるので、当然上達は早くなる。逆に、同じ事を繰り返し指摘される人は、その壁を乗り越えなければ先に進むことはできないであろう。但し、投げ技に於いて“力を抜く”ことは一朝一夕には困難で、常にこれを心掛けて稽古を続けなければ実現することは出来ない。

 合気道の習い始めは、半身の構え、前方回転受身、後方受身、膝行、転換等の基本を覚える。これを完璧に、左右同じように出来なければならない。しかし、人間の身体は左右同じようには出来ていない。百メートル世界最速のウサイン・ボルトでも左右の歩幅が異なり、右足が十七センチ大きいのだが、人は誰も左右均等では無く強弱があるようだ。合気道の受身でも、相手の左右の違いを感じることが出来る。自分の技の左右差を自覚することは難しいが、力を抜いて感覚を鋭くすることができるようになれば、受身で相手の左右差を感ずることが出来る。

 自分を振り返り、同じ過ちを繰り返さないという決意が自分を成長させる力となる。『一大事とは今日(こんにち)只今(ただいま)の心なり』とは、禅の言葉で「大事なことは過去のことでも、未来のことでもない。今日、ただ今をしっかり見つめて生きること。」ということ。稽古は一日二十四時間の内の一時間、週二回の稽古は年間にすればおよそ九十時間、自分自身を見つめる時間であって欲しい。

2024年2月2日 | カテゴリー : めざせ達人 | 投稿者 : koukikai

一覧

2024年2月2日
第228回 失敗を繰り返さない
2024年1月7日
第227回 心構え
2023年12月2日
第226回 歩々是道場
2023年11月8日
第225回 脳磨き
2023年10月6日
第224回 見計らい
2023年9月1日
第223回 無意識化
2023年8月5日
第222回 習うこと
2023年7月1日
第221回 お辞儀
2023年6月3日
第220回 向上心
2023年4月30日
第219回 目付の事
2023年3月31日
第218回 自分を越える
2023年3月4日
第217回 逢うべき人には必ず逢える