コラム/めざせ達人

毎月発行する新聞「めざせ達人」から掲載しています

めざせ達人

第204回 硬柔曲直

 初夢は、「一富士二鷹三茄子(いちふじにたかさんなすび)」の夢を見ると縁起が良いと言う。富士は「無事」、鷹は「高い」、茄子は「成す」という言葉にかけられている。私は、滅多に見ない夢を、初夢で見たのだが、鷹でも茄子でも無く、襲ってきた相手に入身して倒した夢だった。この夢は、“困難を難なく乗り越えることができる”と解釈して、新しい年の元旦を清々しく過ごすことができた。

 私の人生七十才が、今でも信じられない出来事で、人生の第二ステージに居ることを実感した令和三年だった。筋肉は徐々に失われ、関節は柔軟性が失われて硬くなり、受身を取ると痛み、全てが変わったと感じている。七十才が人生の第二スタート地点だと心得、硬くなった関節を柔らかく、曲がった関節を直にする“硬柔曲直”(造語)を第二ステージの目標として日々努力することを楽しみたい。

坂村真民の「老いること」

  老いることが

  こんなに美しいとは知らなかった

  老いることは

  鳥のように

  天に近くなること

  花のように

  地に近くなること

  しだれ柳のように

  自然に頭のさがること

  老いることが

  こんなに楽しいとは知らなかった

 今は老いることは“痛い”という言葉しか浮かばないが、美しい、楽しい、という心境に一歩一歩近づいて行きたい。

2022年1月5日 | カテゴリー : めざせ達人 | 投稿者 : koukikai

一覧

2022年1月5日
第204回 硬柔曲直
2021年12月6日
第203回 死中活あり
2021年11月6日
第202回 無言の教え
2021年10月3日
第201回 高齢者
2021年9月7日
第200回 正面打ち一教
2021年7月31日
第199回 身体を使ったコミュニケーション 
2021年7月4日
第198回 目付の事
2021年6月6日
第197回 やる気スイッチ
2021年5月7日
第196回 落ちることを知る
2021年4月3日
第195回 つまらないことでも
2021年3月6日
第194回 重い
2021年2月6日
第193回 一月二十四日