今回の昇段審査について  Y・O

私と合気道の出会いは約12年前になります。知人の紹介で光輝会の道場を訪ねたのが始まりでした。

今回初段を審査させていただくにあたり師範はじめ稽古をつけていただいた道友の皆様に感謝いたします。新ためて稽古を通じて様々なことを実感し考える機会が多々ありました。自分自身でも気が付かない内に癖が付いていたことです。指摘を受けるまで気が付きませんでした。稽古を続けていて何が必要か師範の技や言葉とともに説明を受けて理解しているつもりでしたが実践できていませんでした。

ではどうしたら稽古を通じてなぜ実践できないかを考え、私が理解していることは次の様なことです。

・呼吸力を発揮すること
・力を抜くこと
・中心を意識すること
・姿勢を保つこと
・相手の力を生かすこと

言葉にすれば簡単ですが、一つ一つメカニズムを理解して攻撃力を吸収し、自滅に導いていける様に、これからも稽古を続けていきたいと思います。

2017年9月15日