コラム/めざせ達人

毎月発行する新聞「めざせ達人」から掲載しています

めざせ達人

第230回 気付く

 今年のNHK大河ドラマ「光る君へ」のヒロインは紫式部で、平安時代中期に世界最古となる小説『源氏物語』を書いたとされている。このことから、日本は国語の国だと称する人も居る。また、哲学者シオランは「祖国とは国語なり」という言葉を残している。国語教育の大切さを知らなければならない。

 七十二年の歳を重ねて強く思うことは、自分の言葉の貧弱さ、日本語には様々な表現が有るのに出てこない、語彙も不足している。また、相手が伝えようとしている事の深意を読み取る事が出来ず、そのままの言葉で受け取ってしまう。つまり、鈍感、機転が利かないということだ。

 学生時代の本部道場稽古前に、山口先生が電車の中での出来事を私に話された。「隣に座った二人の若者が、余りにも行儀が悪いので、無礼者!と一喝したんだよ、その二人に似てるのが居る」と。しかし、私は行間を読むことが出来ず、聞き流してしまった。先生は私に、真偽を確認して欲しかったんだと、何度も、何時まで経っても、思い出す。それが出来ていたら、私の人生も変わっていただろう。

 立場が変わって指導者側になると、人が見えるようになる。何も言わなくても気が付いて動く人、私のように言われても動かない人が、特に良く見える。その差は合気道の上達に比例しているように思える。“気付く人”になるためには、自分磨きをすることが唯一の方法だと思う。失敗しないために良書を読み、様々な経験を積み、人や物の観察を怠らず、小さな事も見逃さない訓練も必要だと考える。

 人が稽古している技を見た時、何処に視点を置いて見ているだろうか、ぼんやり眺めていないだろうか。特に、三人稽古のように外れた時は、見取り稽古の時間であり、休むこと無く、待ち時間を楽しんで欲しい。自分を知らなければ、人との違いを気付くことが出来ない。自分の技を知る事は容易では無いが、技を細部に至るまでイメージ出来るように成れば違いを認識出来ると考える。

2024年4月7日 | カテゴリー : めざせ達人 | 投稿者 : koukikai

一覧

2023年4月30日
第219回 目付の事
2023年3月31日
第218回 自分を越える
2023年3月4日
第217回 逢うべき人には必ず逢える
2023年2月4日
第216回 気海丹田
2023年1月7日
第215回 念ずれば花ひらく
2022年12月3日
第214回 魂を磨く
2022年11月6日
第213回 演武で学ぶこと
2022年10月1日
第212回 されて嫌なことは人にはしない
2022年9月4日
第211回 技を覚えること
2022年8月9日
第210回 諸行無常
2022年7月2日
第209回 関係ない
2022年6月5日
第208回 合気呼吸