コラム/めざせ達人

毎月発行する新聞「めざせ達人」から掲載しています

めざせ達人

第186回 名刀のように

六人の若い力が亡き母の棺を運んだ。どの子も母の暖かい愛情を受けた孫と曾孫たちだった。関西方面から駆け付けたにもかかわらず、コロナ禍のために、危篤状態での面会を許されなかった曾孫もいた。また、母の葬儀のおかげで親子の関係が修復できた曾孫もあり、親族の関係を深める家族葬だった。

曾孫の中には、老後の生活資金二千万円を貯金する料理人、一晩で十万円を飲んでしまう整備士もおり、懸命に生きるエネルギーを感じた。“目標”、“夢”を持って日々の生活を送ることが、どれだけ大切なことかと言うことを実感した。

坂村真民 詩集 「二度とない人生だから」より

 名刀のように

 

 出会いの一瞬で

 すべてはきまる

 だから

 その時のために

 心を磨いておくのだ

 名刀のように

 

本当に大切な一瞬は、いつ訪れるかわからない。道場での稽古にも、“大切な一瞬”はやってくるので見逃してはいけない。訓練・稽古だから、相対稽古のなかでは勝った、負けたはない。しかし、時に相手が無礼な態度で攻撃してくることがある。最悪、力でねじ伏せることもひとつの方法かもしれないが、どう対処すべきか、最善策を考えよう。大切な一瞬のために、いつも心を磨いておこう。

2020年6月7日 | カテゴリー : めざせ達人 | 投稿者 : koukikai

一覧

2020年1月6日
第181回 年頭自警2020
2019年12月7日
第180回 演武
2019年11月3日
第179回 登山口
2019年10月6日
第178回 至誠天に通ず
2019年9月1日
第177回 前進法
2019年8月3日
第176回 誰でもできる