コラム/めざせ達人

毎月発行する新聞「めざせ達人」から掲載しています

めざせ達人

第190回 合理的

 小学生の女の子に、「合理的とは何?」という質問に答えているラジオ放送が流れていた。例をあげて説明していたようだが、残念ながら難聴のせいで内容は聞き取れなかった。合理的とは、「道理にかなっている」という意味が思い浮かぶが、そのほかに「無駄なく能率的」という意味もある。

 合理的でなくなるのは、感情を優先した場合のようだ。合気道の稽古において、無心に稽古に取り組む姿には、その人の感情は表に現れない。非合理的な無駄な力と無駄な動きがあったとしても、感情をコントロールすることができれば合理性を追求する姿となる。稽古相手が気に入らないとか、この前の仮を倍返ししてやろうというような感情が起こると、気持ちがそのまま稽古に現れ、合理性の追求ということからは程遠い稽古になってしまう。他人の感情をコントロールすることはできないが、自分自身の感情をコントロールすることはできる。稽古に感情を優先してはならない。

 『雨が降ったら傘をさす』という言葉は、「会社経営の極意はなんですか?」という質問に答えた、松下幸之助さんの答えだ。雨に備える、思いと、行動があれば、雨に濡れることはない。収まることのないコロナ禍に手を緩めることはできない。棒と剣を使って、六月から再会した稽古だが、幸いにも感染者を出していない。この傘で大丈夫だろうかと、いつも思う。ネットや、他からの情報によれば、コロナ禍前と変わらない接触式稽古や、特定の技に限り接触式稽古をしているところもあるようだが、雨が降ってる時に傘をさすのが常識だから、広島では、このまま今の稽古方法を継続したい。

 コロナ禍のような状況であっても、良い稽古をしたい。コロナ対策を取りながら、また自分自身の感情をコントロールし、その時、その時を最高の時間にしたい。感情にもプラスの感情とマイナスの感情がある。良い稽古することによって「嬉しい、楽しい、満足」といったプラスの感情が自然に沸き起こることはあるが、稽古する前からこのような感情を持つことは避けたい。

2020年10月3日 | カテゴリー : めざせ達人 | 投稿者 : koukikai

一覧

2019年11月3日
第179回 登山口
2019年10月6日
第178回 至誠天に通ず
2019年9月1日
第177回 前進法
2019年8月3日
第176回 誰でもできる
2019年7月6日
第175回 姿勢
2019年6月2日
第174回 殺傷事件
2019年5月11日
第173回 講習会
2019年3月30日
第172回 指導
2019年3月2日
第171回 形と技
2019年2月2日
第170回 客観視
2019年1月6日
第169回 年頭自警2019
2018年12月2日
第168回 残心